F1は2019年米国グランプリの真の勝者です-クォーツ

news-details

アメリカ人を惹きつけるのに最適な時期がようやくF1に来たかもしれません。米国グランプリは、今日、テキサス州オースティンで練習と予選セッションで始まります。レース自体は11月3日です。レースは米国のF1専用の最初のトラックです。 2012年に発足し、6つのレースを開催しました。ノースカロライナ州を拠点とするチーム、ハースは2016年にトーナメントに参加しました。これは、ほぼ40年ぶりのアメリカ人チームです。スポーツのオペレーター自体は現在、アメリカの企業Liberty Mediaが所有しています。 2017年に同社を買収し、ナスダックに上場しました.Netflixは2018年のF1シーズンの3月に10エピソードのドキュメンタリーシリーズをリリースし、F1の魅力へのスポーツの露出に不慣れな視聴者を不自由にしました。欧州で訓練を受けたドライバーが、ヨーロッパに本社を置くチームのために、主にヨーロッパのメーカーとエンジンプロバイダーによって作られた車でレースを行うリーグ。いくつかのアメリカでのチームの試みは短命だった。アメリカでの熱心なファンベースの育成の年はうまくいっているようだ、とGoogleでは、スポーツに関する検索の関心は2019年3月9日の週にピークに達した。スパイクは、F1の2つのトップチームであるメルセデスとフェラーリがNetflixショーへの参加を辞退したにも関わらず、特に注目に値します。ツアーの米国放送局であるESPNは、スポーツファンがレースを見つけやすくしました。従来のテレビでの米国の視聴率は増加しましたが、世界の視聴率は10年にわたって減少し続けました(pdf、p。31)。 ESPNは、今シーズン放送された最初の18レースを通じて、視聴者が前年比19%増加したことを確認しました。この増加により、放送局のスポーツの視聴者記録は今シーズン何度も破られました。 ESPNのスポークスマン、アンディホールによると、18歳から34歳までの視聴者が昨年より81%以上増加しました。オースティンは今年、記録破りの視聴者を準備しています。サーキットオブジアメリカスのオースティントラックの所有者であるボビーエプスタインによると、予約席はレースの4か月前に売り切れました。フォーミュラ1は、オンラインスポーツストリーミングへの支払いをますます喜んでいる若いデジタルに焦点を当てたグローバルな視聴者を引き付けたいと考えています。これは、従来のテレビ視聴のヨーロッパ中心のファン層への以前の焦点からの戦略的シフトです。米国市場はこのシフトに貢献しています。 Liberty Mediaは、2018年5月に最初のサブスクリプションベースのオンラインストリーミングプログラムF1 TVを開始しました。米国では、アーカイブされたレースやビデオへのアクセスに年間27ドル、ライブブロードキャストに年間100ドルかかります。同社によると、10月には、米国を拠点とするユーザーが、アプリとウェブサイトのユニークユーザーの最大のシェアを占めました。米国のファンは、どの国のF1テレビ加入者の2番目に大きなシェアでした。オースティンのトラック所有者であるエスプテインは、10月にESPNに対し、ヨーロッパには5000万人以上のF1ファンがいるが、それより少ない米国では200万人を超えています。将来は有望に見えます。 F1は最近、マイアミドルフィンズの本拠地であるハードロックスタジアムの周りに建設された、米国の2番目のレーストラックを確保するという最初の合意に達しました。 NetflixはDrive to Surviveの第2シーズンを迎えます。今回はメルセデスとフェラーリが登場します。

you may also want to read