GoogleのホームハブはAndroidタブレットよりもChromecastに似ています

news-details

この啓示は、Ars TechnicaのRon Amadeoによってもたらされます。レノボ、JBL、LGのスマートディスプレイはすべてクアルコムのホームハブアーキテクチャとGoogleのAndroid Thingsプラットフォームで動作しますが、Home HubにはAmlogicチップ(通常はスマートTVなどのスマートアクセサリに搭載)が搭載されています。 Googleのキャストプラットフォームの 「決定の背後には特別な理由はない」とGoogleのDiya JollyはArs Technicaに語った。 「キャストの経験を生かすことができたと思っていて、経験は同じだ。サードパーティのキャストを望むなら、簡単にキャストするだろうが、ほとんどの開発者はAndroidの使い方を快適に使うことができると思う」 Googleはパートナーのような専用のIoTソリューションを組み込むことを選んだ理由を説明していないが、その背後にはいくつかの論理がある。 7インチで、ホームハブはかなり小さく、カメラを利用しません。 JollyはPixelの基調講演の直後にEngadgetにこう言いました。「ベッドルームのようなあなたの家の私的スペースで快適に使うことができました。機能に対するセキュリティとプライバシーを選択することで、ホームハブのコストを下げることができました。最小のLenovoスマートディスプレイより50ドルも安いです。 Androidの美しさ - この場合はAndroid Things - はオープンプラットフォームだということです。 LGやJBLのようなパートナーは、最新のビルドを手に入れ、ニーズに合わせてカスタマイズすることができます。ホームハブはファーストパーティのデバイスなので、Googleは柔軟性がある必要はありません。代わりに、「アプリ」をなくし、YouTube、Googleマップ、カレンダー、検索、写真などのコア機能をキャストプラットフォーム内に統合して、機敏性を維持することが選択されています。

you may also want to read