World news

Entertainment news

sport

business

medical

国連、性的虐待の発生件数の増加を明らかにし、報道の改善に寄与 -  Thomson Reuters Foundation

国連、性的虐待の発生件数の増加を明らかにし、報道の改善に寄与 - Thomson Reuters Foundation

20 March 2019

著ケイトライアン                 ニューヨーク、3月18日(Thomson Reuters Foundation) - 昨年、国連職員および加盟組織を含む性的搾取および虐待の報告数が大幅に増加したと、国連は月曜日の報告書で、その増加は主に大気環境の改善に起因すると述べた見落とし。                 2018年には200人を超える人々が米国の職員および職員の手による性的暴力および搾取を報告した、と米国事務総長室が発表した。                 120人以上の人々がパートナーと非イギリスを示唆する報告をしました。軍事力。                 米国連合の世界食糧計画(WFP)では、昨年の12年間の26件と比較して、昨年の件数は19件に増えました。                 米国の難民機関(UNHCR)では、未成年者の強姦を含め、報告された症例数は34倍にほぼ倍増しました。                 しかし、米国の平和維持活動の中で、報告された事件の数は2017年の62件から54件に減少した。                 国連は性的虐待や搾取の告発、とりわけ中央アフリカ共和国のアメリカ平和維持軍の間で非難されてきました。                 去年の報告された事件は、強姦から性的暴行、そして性の購入まで多岐にわたりました。                 報告書の付録には、疑惑がリストされ、警察、国連職員、パートナー、または請負業者が関係しているかどうかを記して、タイプインシデントとそれが発生した場所に関する詳細が記載されています。                 事件に関するその他の情報は限られており、虐待が発生した年や事件の状況については言及されていない。                 これらのリストされた事件は、説明なしで「未決」、「根拠のない」、または「調査中」と表示されています。                 米国は、正義を求めている犠牲者に利用可能な資源と支援への信頼の増大があることを意味するので、報告された事件の増加は一歩前進であると示唆した。                 米国は、啓発キャンペーンと呼ばれるもの、報復や報復を恐れずに事件を報告するための被害者や証人のためのシステムの改善など、2017年以降に実施された措置を指摘した。また、過少報告が引き続き懸念事項であると述べた。 「報告が増加した米国の一部では、事務総長は、これがシステムに対する信頼の高さを示す証拠ではないと「示唆」している」と、AIDS-Free WorldのキャンペーンであるCode Blueのプレスリリースは述べた。                 「しかし、報告レベルの低下が見られるところでは、それは予防プログラムが機能していることを意味します。データが指し示すところはどこでも、報告の修辞学はそれを成果として回転させることができます。」彼らは、報告書は被害者と申し立てを別々に記載しており、時には2人の犠牲者を同じ個人に対する報告で1つの申し立てにまとめていると指摘した。                 Code Blueのコーディネーター、Kaila Mintzは、次のように述べています。このレポートは、2018年にOXFAMやCAREなどの主導援助機関が性的虐待の500件以上の申し立てを受けたという予備的なレポートが2017年から13%増加したことが判明してから数週間後に来ます。                 (Kate Ryanによる報告、Jason Fieldsによる編集。Thomsonロイターの慈善団体であるThomson Reuters Foundationは、人道的ニュース、女性およびLGBT +の権利、人身売買、財産権、および気候変動をカバーしています。www.trust.orgをご覧ください。)               私たちの基準:Thomson Reuters Trust Principles。